つく

I
つく【付く】
〔動詞五[四]段型活用。 動詞「付く」から〕
擬声語・擬態語に付いて, そういう様子になるという意を表す。

「がた~・く」「ごた~・く」「べた~・く」

II
つく【付く】
※一※ (動カ五[四])
❶物と物とが接触・接合・付着する。
(1)二つの物が触れたまま離れなくなる。 くっつく。 接合する。

「折れた腕の骨がうまく~・いた」「接着剤でぴったり~・いて離れなくなる」

(2)ある物と他のある物とが接近してすき間がない状態になる。

「両ひざが軽く~・くように座る」

(3)ある物に異質な物が付着・浸透する。 くっつく。

「顔に泥が~・いている」「洋服に糸くずが~・いている」「シャツにしみが~・く」

(4)主たる物に付随的なものが添えられる。 (ア)付属する。

「鍵の~・いた日記帳」「毛皮のえりの~・いたコート」(イ)(「附く」とも書く)あとから加わって, 全体が増える。 「話に尾鰭(ヒレ)が~・く」「利息が~・く」(ウ)草木の芽が出る。 実がなる。 「今年は桃のつぼみが~・かない」「梅の実がいっぱい~・く」

(5)あとが残る。 (ア)力を加えたあとが残る。

「机に傷が~・く」「点々と足跡が~・いている」(イ)印(シルシ)が記される。 「〇印の~・いているのが実行委員です」(ウ)帳簿などに記入される。 「支払った金額はすべて帳簿に~・いている」

(6)植物などがしっかり根をおろす。 根づく。

「挿し木がうまく~・いた」「種痘が~・く」

(7)肉・力・能力・良さなどが身に備わる。

「栄養が身に~・かない」「丸暗記では知識が身に~・かない」「実力が~・く」「貫禄が~・く」「早寝早起きの習慣が~・く」「徳を~・かんと思はば, すべからく先づその心づかひを修行すべし/徒然217」

(8)連歌・俳諧で, 前の句と後の句がうまくつながる。
❷そばに寄る。 近付く。
(1)(意図的動作)人が他の人のそばにいる。 (ア)保護するためにそばにいる。 付き添う。

「患者に付き添い人が~・く」「要人には護衛が~・く」(イ)他の人のあとに続く。 「行列の後ろに~・く」(ウ)対立するものの一方に加わる。 味方をする。 「南朝に~・くか北朝に~・くか」「誰がこっちに~・いてくれるか」

(2)(結果的動作)あるものが現れる・来る。 (ア)ある商品の買い手が現れる。 「高すぎて買い手が~・かない」(イ)他から苦情が寄せられる。 「商品にクレームが~・く」「けちが~・く」(ウ)(多く「憑く」と書く)魔性のものが人にとりつく。 「キツネが~・いている」(エ)
〔「運がつく」の省略〕
幸運に恵まれる。

「今日は~・いている」

❸あるものが加えられ, 新しい状態になる。
(1)新たに設けられる。 設置・設備される。

「下宿に電話が~・いた」「十字路に信号機が~・いた」

(2)(「点く」とも書く)ある現象・活動などが現れる。 (ア)火が燃え出す。 発火する。

「ライターの具合が悪くて火が~・かない」(イ)灯火がともる。 点灯する。 また, 電気で作動する装置が働く。 「部屋にあかりが~・く」「朝七時にはラジオが~・くようにセットしてある」「一日中テレビが~・いている」

(3)名称・評点などが加えられる。 (ア)名前が与えられる。 名付けられる。

「生まれたばかりでまだ名前が~・いていない」(イ)役・予算などが割り当てられる。 「王女の役が~・いた」「修理のための予算が~・いた」(ウ)評点・値段が与えられる。 「この間の作文には九〇点が~・いていた」「ただの普通の壺に一千万円の値が~・いた」「できた物を買うより自分で作るほうが安く~・く」「かえって高いものに~・いた」

❹きちんとした説明が加えられる。

「彼女がなぜ自殺したのか説明が~・かない」「理屈はどうとでも~・く」

❺実現・決着が望まれていたことが実現・決着する。

「やっと決心が~・いた」「まだあきらめが~・かない」「ふんぎりが~・かない」「あっさり勝負が~・いた」「混乱して収拾が~・かない」「あの問題はかたが~・いた」「けりが~・く」「当事者の間で話が~・いた」

❻区分がはっきりする。 また, 自然と差が出る。

「やっていいことと悪いことのけじめが~・かないのか」「第二走者との間に差が~・いた」

❼判断・予想が行われる。
(1)「…がつく」の形で用いる。

「犯人はだいたい見当が~・いている」「全く予想が~・かない」「察しが~・く」「めぼしが~・く」

(2)助詞「と」「に」で受けたものに打ち消しを伴って用いる。

「うそとも本気とも~・かない」「愚にも~・かぬ計画」

❽感覚や意識が働く。
(1)ある感覚器官に強く感じられる。

「大きな看板が目に~・いた」「時計の音が耳に~・いて眠れない」「においが鼻に~・く」

(2)(「気がつく」の形で)(ア)あるものごとを認識する。 気づく。

「…ということに気が~・いた」(イ)失っていた意識がよみがえる。 正気にかえる。 「気が~・いたらベッドの中だった」

(3)ある気持ちがおこる。

「里心が~・く」「物心が~・く」

❾(「心につく」の形で)人に好ましく思われる。 気に入る。

「をかしき絵など多く雛遊びなどする所に, と心に~・くべきことを宣ふけはひ/源氏(若紫)」

〔「付ける」に対する自動詞〕
→ つく(接尾)
※二※ (動カ下二)
︱慣用︱ 足が~・足下に火が~・板に~・襟に~・襟元に~・縁に~・恰好が~・時代が~・尻に火が~・土が~・手が~・箔が~・人目に~・虫が~・焼け棒杭(ボツクイ)に火が~/悪銭身につかず・足が地に付かない・示しがつかない・手に付かない・火のついたように・引っ込みがつかない
付かず離れず
〔「即(ツ)かず離れず」とも書く〕
深くかかわることはしないが, また離れすぎもしない, ほどよい距離を保つ。 中立的な立場で物事に対するさま。 不即不離(フソクフリ)。
III
つく【吐く】
〔「突く」と同源〕
(1)口などから体内の物を吐き出したり吹き出したりする。 もどす。

「反吐(ヘド)を~・く」「あわて騒いで黄水(オウズイ)~・く者多かりけり/平家 6」

(2)息を吐き出す。

「ため息を~・く」

(3)呼吸する。

「息が~・けない」「やっと一息~・いたところだ」

(4)「言う」を卑しめていう。 言い放つ。

「うそを~・く」「親に悪態を~・く」

‖可能‖ つける
IV
つく【就く】
※一※ (動カ五[四])
〔「付く」と同源〕
(1)ある位置に身を置く。 (ア)(「即く」とも書く)天皇・国王が即位する。

「帝位に~・く」(イ)職務上の役職に身を置く。 就任する。 「社長のポストに~・く」

(2)ある職業・仕事に従事する。

「仕事に~・かないでぶらぶらしている」「堅い職業に~・く」

(3)(「床(トコ)につく」の形で)(ア)寝る。 就寝する。

「毎晩十時には床に~・く」(イ)病気などのために寝たきりになる。 「去年, 大けがをして以来, 床に~・いている」

(4)(「巣につく」の形で)巣にこもる。

「鳥が巣に~・く」

(5)ある行程に身を置く。 長い旅などに出かける。 出発する。 おもむく。

「任務を終え, 帰途に~・く」「家路に~・く」

(6)あるものに沿う。

「塀に~・いて左に曲がる」

(7)ある人に従って, 教えを受ける。

「先生に~・いてピアノを習う」「家庭教師に~・く」

(8)(「付く」とも書く)連用形やこれに助詞の付いた形で用いる。 (ア)実際にそれにあたる。

「ぜひ現物に~・いて見てほしい」(イ)(「につき」の形で)理由を述べる。 「喪中(モチユウ)に~・き年末年始のご挨拶を失礼いたします」(ウ)説明の対象を示す。 …に関して。 「政治情勢に~・いて討論する」(エ)「その単位あたり」の意をあらわす。 …に対して。 「一個に~・き百円の利益」

‖可能‖ つける
※二※ (動カ下二)
V
つく【尽く】
VI
つく【搗く・舂く】
〔「突く」と同源〕
杵(キネ)など棒状のもので穀物・木の実などを強く打って, くだいたり, 押しつぶしたり, 殻を除いたりする。

「米を~・く」「餅(モチ)を~・く」「あたね~・き染木が汁に/古事記(上)」

‖可能‖ つける
VII
つく【月】
(1)「つき」の交替形。 他の語と複合して用いる。 「~夜」「~読み」など。
(2)〔上代東国方言〕
つき。

「浦野の山に~片寄るも/万葉 3565」

VIII
つく【木兎】
ミミズクの古名。

「天皇の生(ア)れます日, ~産殿に入(トビイ)れり/日本書紀(仁徳訓)」

IX
つく【漬く・浸く】
※一※ (動カ五[四])
(1)漬物が熟成してちょうど食べ頃になる。 つかる。 《漬》「このナスはまだよく~・いていない」
(2)湯・水にひたる。 つかる。

「広瀬河袖~・くばかり浅きをや/万葉 1381」

〔「漬ける」に対する自動詞〕
※二※ (動カ下二)
X
つく【着く】
〔「付く」と同源〕
(1)移動していってその場所に至る。 (ア)人などがある場所に到達する。 到着する。

「九時には会社に~・く」「七時に駅に~・く」(イ)荷物・手紙などが運ばれて届く。 「実家から荷物が~・いた」「手紙が~・く」

(2)体の一部がある所に届いて触れる。

「プールの底に足が~・かない」

(3)ある場所に身を置く。

「席に~・く」「食卓に~・く」

‖可能‖ つける
XI
つく【突く】
細い物で一点を強く押す。
(1)(「衝く」とも書く)棒状の物の先端で瞬間的に強く押す。

「指先で~・く」「背中をどんと~・く」

(2)先のとがった物で刺す。 突き刺す。

「銛(モリ)でさかなを~・く」「雲を~・く大男」

(3)(「捺く」とも書く)印鑑で印(シルシ)をつける。

「判を~・く」

(4)ボールや羽根を手や用具で強く打つ。

「まりを~・く」「羽根を~・く」

〔玉つきの場合「撞く」とも書く〕
(5)(多く「撞く」と書く)鐘に棒などを打ち当てて音を出す。

「鐘を~・く」

(6)体をささえるために, 杖や手を水平面に当てる。

「杖を~・いて歩く」「テーブルにひじを~・く」「頬杖(ツラヅエ)を~・きて/竹取」

(7)膝・手・額などを地面や床につける。

「手を~・いてあやまる」「膝を~・いてお祈りをする」「額(ヌカ)を~・き祈り申すほどに/更級」

(8)(「衝く」とも書く)相手のある一点, 特に守りの手薄な部分, 弱点を攻める。 比喩的にもいう。

「敵陣を~・く」「人の意表を~・く」「不意を~・かれてあわてる」

(9)(「衝く」とも書く)心や感覚器官を鋭く刺激する。

「鼻を~・くアンモニアの匂い」「けなげな子供の姿に胸を~・かれる」

(10)(「衝く」とも書く)悪天候などの障害を物ともせずにある行為を行う。

「船は嵐を~・いて出航した」「風雨を~・いて決行する」

(11)動詞の上に付いて, 接頭語的に用いられ, 動作の勢いを強める意を表す。

「~・き進む」「~・き返す」

‖可能‖ つける
︱慣用︱ 意気天を~・痛い所を~・虚を~・雲を~・篠を~・底を~・盾を~・手を~・天を~・胸を~
XII
つく【銑・釻】
(1)弓の弭(ハズ)の異名。 またそれにかぶせる金属・角製の器具。 一説に, 弓の握りの上に打ちつけた折れ釘のような金具という。

「二所藤の弓の銀の~打つたるを十文字に握つて/太平記 12」

(2)担い棒の両端の紐をかける部分。

Japanese explanatory dictionaries. 2013.

Look at other dictionaries:

  • つぐ — I つぐ【桄榔・桄榔子】 植物クロツグの異名。 II つぐ【次ぐ・亜ぐ】 〔「継ぐ」と同源〕 あとに続く。 (1)すぐあとに続く。 連続する。 「 S 選手に~・いで N 選手がゴールインした」「地震に~・いで津波がおきる」 (2)程度・地位などがすぐその下である。 「社長に~・ぐ実力者」「大阪は東京に~・ぐ大都会だ」 III つぐ【注ぐ】 〔「継ぐ」と同源〕 器に物を入れる。 特に液状の物をそそぎ入れる。 …   Japanese explanatory dictionaries

  • づく — I づく【付く】 〔動詞五[四]段型活用。 動詞「付く」の転〕 名詞またはこれに準ずる語に付く。 (1)そのような状態になる, そういう様子が強くなる意を表す。 「秋~・く」「調子~・く」 (2)そういう事が頻繁に起こる, しょっちゅうそういう状態になるの意を表す。 「お客~・いている」 II づく【尽く】 ⇒ ずく(接尾) …   Japanese explanatory dictionaries

  • つく — [ref dict= Unihan (Ch En) ]付[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]傅[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]即[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]卽[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]就[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]属[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En)… …   Japanese(Kun) Index for Unihan

  • つぐ — [ref dict= Unihan (Ch En) ]亜[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]亞[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]佴[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]嗣[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]接[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En) ]椄[/ref], [ref dict= Unihan (Ch En)… …   Japanese(Kun) Index for Unihan

  • くっつく — (動カ五[四]) (1)物と物とがすき間なくぴたりと接して離れなくなる。 接合する。 つく。 「数秒で~・く接着剤」 (2)ある物に小さな物が付着・付随する。 つく。 「洋服にごみが~・いている」 (3)触れる。 接する。 すぐ近くや隣にある。 つく。 「軒と軒が~・かんばかりに家が建っている」「ぴったり~・いてすわる」 (4)ある人から離れずにいる。 ある人のそばにつき従う。 つく。 「いつも母親に~・いてまわる」 (5)俗に, 男女が親しくなって, 夫婦関係をもつことをいう。 「あの …   Japanese explanatory dictionaries

  • くいつく — くいつく【食(い)付く】 (1)しっかりとかみつく。 くらいつく。 「犬が~・いて放さない」 (2)しっかりと取り付く。 かじりつく。 「仕事に~・く」 (3)〔魚が餌(エサ)に食い付くところから〕 喜んでとびつく。 「金もうけの話だとすぐ~・いてくる」 (4)文句を言いたてる。 からむ。 「些細(ササイ)なことにしつこく~・いてくる」 ‖可能‖ くいつける …   Japanese explanatory dictionaries

  • つつく — つつく【突く】 〔「たたく」と同源か〕 (1)指先や棒で小刻みに何度も突く。 「赤ん坊のほっぺを~・く」「穴ヲ~・ク/ヘボン」 (2)注意や合図のために軽く突く。 「ひじで~・かれた」 (3)箸(ハシ)やくちばしで突くようにして食べる。 「すき焼きを~・く」「小鳥が木の実を~・く」 (4)弱みや欠点をことさら責め立てる。 「あまり細かいことを~・くのはよせ」 (5)ある行動をとるように人に働きかける。 「委員を~・いて提案させる」 ‖可 …   Japanese explanatory dictionaries

  • くつくつ — (副) (1)おさえきれずに声をもらして笑うさま。 くっくっと。 「思わず~(と)笑う」 (2)物の煮えたつ音を表す語。 「~(と)煮る」 (3)たん・せきなどがのどに詰まって鳴る音を表す語。 「のどを~とくつめくやうにならせば/宇治拾遺 10」 (4)くすぐるさまにいう語。 こちょこちょ。 「ちつと笑はしましよ。 やあ, ~/狂言記・子盗人」 …   Japanese explanatory dictionaries

  • つっつく — つっつく【突っ突く】 〔「つきつく」の転〕 「つつく」に同じ。 「棒で土を~・く」「餌を~・く」 ‖可能‖ つっつける …   Japanese explanatory dictionaries

  • つづく — つづく【続く】 ※一※ (動カ五[四]) 〔上代は「つつく」と清音か〕 (1)同じ状態が保たれる。 「天気が~・く」「交際が~・く」「体力が~・かない」 (2)同種のものがとぎれずに連なる。 「山並みが~・く」 (3)同様の物事が間をおかずに繰り返して起きる。 また, 別のことがすぐに起きる。 「不祥事が~・く」「地震に~・いて火事が起こる」 (4)ある物や場所が隣り合った状態にある。 「野原に~・いて林がある」 (5)次に位置する。 「我唐土の五岳に~・ける大山は有まじき/ …   Japanese explanatory dictionaries

Share the article and excerpts

Direct link
Do a right-click on the link above
and select “Copy Link”

We are using cookies for the best presentation of our site. Continuing to use this site, you agree with this.